ようこそ、中高年楽園生活へ

取引は中高年向き

取引は中高年向き

FX取引は中高年向きFX取引はサラリーマン・主婦向き

■FXは24時間取引可能
外国為替市場とは、バーチャルな市場です。
東京証券取引所のように、「決まった建物」があるわけではありません。
銀行間の為替取引きは、電話やネットを通じて行われます。

外国為替の売買注文は、月曜から金曜まで24時間いつでも取引が可能です。
土、日は取引はお休みになります。
基本的にFX取引は、FX会社の専用画面で取引することになりますので、インターネットにつながるパソコンか携帯電話があれば誰でも取引が可能です。

外国為替市場は、ニュージーランドのウェリントン(日本時間午前5時)にオープンします。
その後各国の時差の関係で、
シドニー→東京→香港→シンガポール→ムンバイ→フランクフルト→ロンドンと、
次々とオープンしていきます。

日本時間の午後10時にはニューヨーク市場が始まり、翌日の午前7時に終わる頃には、ウェリントン市場がオープンしているという具合です。

■トレードにリアルタイムで参加できる
私の日課は、ニューヨーク市場が始まる午後10時ころから午前2時までの4時間程度取引をすることです。
家のPCで、チャートや値動きを追います(ちなみに、使っているPCはDELLのPriusです。量販店で安く手に入れました)。

ニューヨーク市場は、通貨の取引量や為替変動も大きいため、リアルタイムボードを見ていると結構面白いです (^^)
ポジションを立てたり、売り買いの決済注文を出します。
実際の値動きを見ながらトレードできるというのは、メリットが大きいですね~

サラリーマンだと株式投資では、終値という「結果」しか見ることができません。なのでなかなか市場に参加しているという実感が湧きませんね。
その点FXは、「市場に参加している」という充実感も味わえます。

投資感覚を養える
実際の値動きを見ることは、「取引感覚」を養う上で非常に重要です!
「アメリカの政策金利が上がった直後に、米ドル円が○○動いた」など、為替の動きを観察することで、ポジションを立てるタイミング、決済のタイミングなども少しずつ身についていきます。

為替トレードのプロといえども、為替の動きを正確につかみきれるわけではありません。FX初心者でも、専門家の意見を鵜呑みにすることは危険です!私も過去に何度も痛い目にあったことがあります。

日本人は専門家の意見に従いやすい傾向がありますから、特に注意が必要です。信じるかどうかは自己責任。損失を被っても、文句は言えません。

長々と書きましたが、FXで稼ぎつづけるには自分なりの投資スタイルを身につける必要があります。スタイルを確立するためには、実際の値動きを見て、将来を予測できる力を養わなければなりません。

リアルトレードに参加しやすいFXは、まさにサラリーマン・主婦向きの投資方法といえますね (^^)

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional