ようこそ、中高年楽園生活へ

FX

FXとは


FXと外貨と日本円の売買

FXとは外国の通貨を売買して、利益を出す取引のことです。例えば、「1ドル=100円」のときに10万円で1,000ドル買います。

円安で「1ドル=110円」になったら、手持ちの1,000ドルは11万円に交換できるので、1万円得をします。

逆に円高で「1ドル=90円」になったら、手持ちの1,000ドルは9万円になり、1万円損をします。

このように異なる2国間の通貨を取引して、為替レートの差額が儲けになる仕組みがFXです。各通貨の値動きを売買して稼ぎますので、現在のような値動きが激しいときはチャンスと言えます。

また、正確にはFXは「margin Foreign eXchange trading」の略であり、外国為替証拠金取引を意味します。証券会社に証拠金を預けて、それ以上の大きな金額の外国為替を取引できます。





金利の違いでも利益が発生

日本の金利が0.1%でニュージーランドの金利が5.0%のときに、ニュージーランドドルを買ったとします。

「5.0%-0.1%=4.9%」ですので、ニュージーランドの通貨を保有中はずっと4.9%もの金利が貰えます。

FX初心者の方は円高や円安を狙って利益を得るよりも、低金利の日本と諸外国の金利差を利用して、外貨を購入することから始めると、少ないリスクで経験を積めます。

この二国間の金利差を「スワップポイント」と言い、保有した金額と期間分のスワップポイントを受け取ることができます。

スワップポイントは毎日支払われるので、スワップポイントの利益のみを狙うスワップ派の人も多いです。

例えば、2010年12月時点で豪ドルを80万円ほど買えば、1日約100円もの金利が受け取れます。1年間で3万6,500円にもなります。





資金が乏しくても資産運用

先ほどの例で、「1ドル=100円」が「1ドル=110円」になったら、10万円が11万円になると紹介しました。

しかし、米ドル/円が10円も変動するには、相当な時間を要するかもしれません。それなのに10,000円しか利益が出ないなら、FXの醍醐味に欠けてしまいます。

そこでFXでは「レバレッジ」と呼ばれる少しのお金で大きなお金を動かせる方法を採っています。レバレッジは資金を担保にして、その数倍~数百倍の金額の取引を行う仕組みです。

例えば、50万円を証拠金としてFX会社に預け、レバレッジを20倍にして、1,000万円分の外貨を取引することもできます。

その金額で米ドル/円が10円も変動すると、±100万円の損益が発生し、利益や損失だけが自分の口座に残ります。

レバレッジが高いとハイリターンハイリスクになりますので、FXの初心者は3~5倍くらいで様子を見ることをおすすめします。始めは小額でトレードをして、勝率がアップしたら売買単位を増やしましょう。





1日中24時間売買取引できる(土曜日曜除く)

同じ金融商品である株は9時から15時までが日本での売買時間となっていますが、FXは24時間取引が行われています。

会社員や自営業の方、育児で時間を割けない主婦でも、FXは世界中のどこかで通貨は売買されていますので、時間に拘束されません。

日本時間の5時にニュージーランドのウェリントン市場で取引が開始されると、7時にオーストラリアのシドニー市場、8時に日本の東京市場、9時に香港市場と続いていきます。

16時に世界1位の取引量を誇るイギリスのロンドン市場、21時にアメリカのニューヨーク市場となり、どの国も10時間程度は積極的な取引がされ続けています。

特に日本の会社員が在宅している22~24時は、ロンドンとニューヨークといった大きな市場の商いが活発です。デイトレードなどの短期売買がしやすいため、副業でも人気が集まっています。

24時間いつでも取引ができるので、仕込みや売買テクニックなども活かすことができます。さらに手数料が株などの他の金融商品よりも格安ですし、売りができるために円安と円高のどちらでも勝てます。

ネットがあれば簡単に始められ、日本の低金利が有利に働き、レバレッジでリスク分散ができるFXは、時間の融通も利く、人気のある金融商品に成長しました。


a:663 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional